旅立つ人に安全を、訪れる人に健康を 
"Pax intrantibus, Salus exeuntibus"

第23回 日本渡航医学会学術集会


特別講演 1

Leo Visser

President, ISTM Head, Dept. Infectious Diseases, Leiden University Medical Centre

“Trends in international travel medicine over the years” *通訳のご用意はございません。

Professor Leo Visser studied medicine at the Catholic University of Leuven in Belgium. He specialized in Infectious Diseases at the Leiden University Medical Center, where he obtained his PhD (1997). The title of his doctoral thesis reads: ‘Virulence Proteins of Yersinia enterocolitica inhibit antimicrobial functions of professional phagocytes’. He was appointed as Professor in Infectious Diseases and Travel Medicine in 2014. The title of his inaugural lecture was: ‘I’m going on a journey, and I’m taking with me ...’

For more than 20 years, Professor Visser is involved in clinical care, research, teaching and training in internal medicine and infectious diseases, with the emphasis on vaccinology, vaccine-preventable and tropical diseases, travel medicine and global
health.

He is head of the LUMC travel clinic, which is a reference centre for travel medicine and vaccination in The Netherlands. Professor Visser holds a position as Head of the Department of Infectious Diseases at the LUMC.

Professor Visser holds several positions at national and international committees and scientific organizations. Currently, Professor Visser is the President of the International Society of Travel Medicine and member of the European Expert Committee for Travel Medicine. In the past he was, amongst others, member of the steering committee of TropNet, the European Network on the Surveillance of Imported Infectious Diseases (www.tropnet.eu) and chairman of the National Coordination Centre for Travelers’Health Advice (LCR).

His current research activities involve vaccination responses in immunosuppressed hosts, immune response to yellow fever vaccine in elderly, alternative vaccination routes, and immunogenicity and safety of intradermally administered rabies vaccines. Malaria vaccine research is performed in close collaboration with the Department of Parasitology (LUMC) and Radboud University of Nijmegen with special emphasis on the search for biomarkers of protection in the controlled human malaria infection model.


特別講演 2

高山 義浩 

沖縄県立中部病院
感染症内科・地域ケア科 医長

『新興・再興感染症に備える ゲートウェイとしての沖縄から』

外国人観光客が増加し、国際物流機能が拡充している沖縄県では、新興・再興感染症のリスクが急速に高まっている。平成29年度に沖縄を訪れた観光客数は940万人であったが、そのうち外国人観光客が254万人と前年比22%の増加であった。とりわけ沖縄の観光地が過密であることと、冷房により閉めきった室内環境が多いことから、人から人への感染症が流行しやすい環境にあるものと考えられる。また、アジアからの大型客船や国際貨物船が那覇港に数多く入港していることから、蚊などの媒介生物の持ち込みも十分に考えられる状況にある。2009年の新型インフルエンザが沖縄県から大流行となったことも、毎年のように夏季インフルエンザを認めることも、2018年に麻疹のアウトブレイクに直面したことも、こうした沖縄の国際化の進展と無縁ではないだろう。

本講演では、かつて厚生労働省健康局結核感染症課においてパンデミック対策に従事し、現在は沖縄県立中部病院に勤務する感染症医の立場から、沖縄をひとつの事例として紹介しつつ、我が国のバイオディフェンス能力を高めるために求められる取り組みについて提言したい。

1995年 東京大学医学部保健学科卒 2002年山口大学医学部学科卒、国立病院九州医療センター初期研修
2004年 長野県厚生連佐久総合病院総合診療科 2008年 厚生労働省健康局結核感染症課
2010年 沖縄県立中部病院感染症内科 2012年 同地域ケア科併任 2014年 厚生労働省医政局地域医療計画課
2015年 現職

日本医師会総合政策研究機構非常勤研究員, 沖縄県在宅医療・介護連携推進事業統括アドバイザー  うるま市高齢者福祉計画策定委員会委員

著書 :

アジアスケッチ 目撃される文明・宗教・民族(白馬社 2001年)、ホワイトボックス 病院医療の現場から(産経新聞出版 2008年)、地域医療と暮らしのゆくえ 超高齢社会をともに生きる(医学書院 2016年)など多数  2012年 教育講演 : 「旅と病の歴史」(濱田 篤郎)、「マラリアと暮らす人びと」(金子 明)、「感染症対策の未来像」(岡部 信彦)