基本講演

基本講演1

地球温暖化と雨を考える

Lecture 1
Precipitation in a warming climate


高薮 縁

東京大学 大気海洋研究所 教授


気候と降雨、大雨や大雪等との関係について、SDGsのゴール3. 健康、ゴール13.気候変動への対策などにふれながらお話しします。

Prof. Yukari Takayabu

Professor, Atmosphere and Ocean Research Institute (AORI)
The University of Tokyo

Keywords: role of precipitation in climate, extreme rainfall, warming climate
Related SDGs: 3. Health, 11. Sustainable cities and communities, 13. Climate action etc.

基本講演2

健全な海洋生態系を将来に残すために今知っていなければならないこと

Lecture 2
Facts we should know now to protect the healthy ocean for the future generation


白山義久

海洋研究開発機構 理事


海洋の構造や全球システムにおける役割などの基本、気候変動や社会の変化に伴うトピックス等を、SDGsのゴール3. 健康やゴール13. 気候変動への対策、ゴール14. 海の豊かさ等にふれながらお話しします。

Dr. Yoshihisa Shirayama

Executive Director, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)

Keywords: the role of ocean in earth system, marine biodiversity, marine debris, climate change, ocean acidification, sea level rise etc.
Related SDGs: 3. Health, 13. Climate action, 14. Ocean etc.

基本講演3

アジアの健康課題とSDGs(仮)

*逐次通訳あり

Lecture 3
Health issues in Asia and SDGs (tbc)
*With consecutive interpretation


アンソニー・ケイポン

シドニー大学 公衆衛生大学院 教授
Prof. Anthony Capon
Professor, School of Public Health, University of Sydney


アジア地域の国々がいま抱えている健康に関する課題とその対策について、SDGsのゴール3. 健康やゴール6. 安全な水とトイレ、ゴール13. 気候変動への対策などにふれなからお話しします。

Keywords: Asian region, Malaysia, public health, climate change, planetary health, SDGs
Related SDGs: 3. Health, 6. Clean water and sanitation, 13. Climate action etc.

開催趣旨

「イオン未来の地球フォーラム」では、シリーズで、地球の環境変化に伴って起きている自然と人間社会における問題について、最新の科学的知見をわかりやすく解説するとともに、それらの問題や現象が起こっている背景、解決すべき課題と方法について、参加者とともに考え、実行策についてともに提言します。環境教育の概念をより一層発展させ、フューチャー・アースの理念に沿って対話型討論を行い、持続可能な社会を次世代と一緒にデザインしていくコ・デザインの手法を試みます。

フューチャー・アースが設定した10の「知と実践のためのネットワーク」のテーマの中から、初回の今回は『持続可能な開発目標(SDGs)と健康問題』を取り上げ、具体的な課題解決について、参加者の皆様とともに考えます。冒頭では、基本講演として専門家に現代の問題をわかりやすく解説していただき、その後、参加者の皆様との双方向の対話型討論とそのとりまとめを行います。成果は国内外に発信します。一般市民の皆様、特に企業、学生(高校生、大学生、大学院生など)、NGO、地方自治体関係者などのご参加を歓迎します。

主催 Co-organizers

公益財団法人イオン環境財団、東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)

AEON Environmental Foundation, Integrated Research System for Sustainability Science (IR3S)

後援 Supporters

日本学術会議、フューチャー・アース日本コンソーシアム、フューチャー・アース、文部科学省、総合地球環境学研究所、国立環境研究所

Science Council of Japan, Japan Consortium for Future Earth, Future Earth, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Research Institute for Humanity and Nature (RIHN), National Institute for Environmental Studies (NIES)

Our Exceptional Solutions Image

Our Exceptional Solutions Image

Our Exceptional Solutions Image

お問い合わせ

第1回 イオン未来の地球フォーラム運営事務局(株)プライムインターナショナル内

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-10-601

E-mail: aeon_futureearth2017@pco-prime.com

Tel: 03-6277-0117

Fax: 03-6277-0118

Top