Close

最新情報

1 12月

ホームページを開設しました。

参加登録は、こちらから。

演題登録は、こちらから。

大会長挨拶

ご挨拶

春爛漫の寄生虫(Parasites in all their glory):第87回日本寄生虫学会大会のテーマです。

1946年にNorman Stollが、米国寄生虫学者連盟の会長講演で「この虫だらけの世界(This Wormy World)」と形容した世界は一変し、わが国ではマラリア、フィラリア症、日本住血吸虫症の排除に10年余りで成功した。土壌媒介寄生虫や吸虫の虫卵陽性者数は公衆衛生上無視できる数となり、寄生虫は“三丁目の夕日”の昭和の風景にしか棲むことができない生き物の様に思えるようにまでなった。

平成の世は、アルコールを湿したお手ふきを持ち歩き、トイレフェチとも言える清潔な尻洗い便器や、さらに多くの女性は空気椅子トイレも愛用しているとのこと。日本人の清潔志向はこの時代に極まった。そろそろ平成の世が終焉し、新たな元号を待ち望む時期となったが、日本の寄生虫学者は、この時代に1錠の薬剤、1本のワクチンでも作ったか? それどころか、1匹の寄生虫でも殺しただろうか?マラリア研究者は、患者の命を1人でも救ったか?

見渡せばグローバリズムの敷延と共に、わが国には2020年の東京オリンピック・パラリンピックで3,000万人のインバウンドの旅行者が、少なからずの寄生虫と共にやってくるという。アルテミシニン耐性熱帯熱マラリアは、例に漏れずメコン河流域から拡散し始めている。先進国で唯一HIV感染者数が増えている日本では、アメーバ赤痢の国内感染例が年間1,000人に達しようとしている。いま再び、寄生虫が日本社会での居場所を主張し始めている様に思われる。

ぼやぼやしていると、平成の次の世は寄生虫にとって春爛漫となろうかと、その様な杞憂を今回の大会のテーマとした。私たちは何のために寄生虫なんていうちっぽけな虫の研究を、医学領域の端っこの方でしているのか、ゴールをしっかり見据え、出口戦略をもった取り組みが今こそ必要である。このテーマに沿った特別講演やシンポジウムを企画している。

多くの会員の皆様の大会への参加をお待ちしています。

第87回日本寄生虫学会大会 大会長 狩野 繁之

開催概要

テーマ

春爛漫の寄生虫

Parasites in all their glory

大会長

狩野 繁之

国立研究開発法人国立国際医療研究センター研究所

熱帯医学・マラリア研究部 部長

会期

2018年3月17日(土)~18日(日)

会場

国立国際医療研究センター

東京都新宿区戸山1-21-1

大会事務局

国立研究開発法人国立国際医療研究センター研究所
熱帯医学・マラリア研究部内
第87回日本寄生虫学会大会事務局
〒162-8655東京都新宿区戸山1-21-1
Tel: 03-3202-7287

 

大会運営事務局

株式会社プライムインターナショナル内
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-10-601
Tel:03-6277-0117
Fax:03-6277-0118
E-mail: 87jsp_secretariat@pco-prime.com

 

プログラム

準備中

参加登録

参加費

事前登録 2018年2月23日(金)24時まで
通常登録 2018年2月24日(土)-

区分

事前登録

通常登録

懇親会

名誉会員

無料

無料

無料

終身会員

無料

無料

5,000円

評議員・正会員

10,000円

12,000円

5,000円

学生会員

5,000円

7,000円

5,000円

非会員

20,000円

22,000円

10,000円

* 上記は、税込み金額です。
* 学生会員は、当日受付にて学生証をご提示ください。
* クレジットカードはご使用になれません。

参加申し込み方法

下記、“参加登録”ボタンよりお申込みください。完了後、事務局より登録確認メールが届きます。
事前参加費は、2月28日(水)までに、メールに記載の指定銀行口座にお振込みください。期日までにお振込みのない場合、通常登録料金となりますので、ご注意ください。

お振込み先

三井住友銀行 渋谷支店 普通口座 8803214
株式会社プライムインターナショナル会議事務局(カブシキガイシャ プライムインターナショナル カイギジムキョク)

 

 

演題登録

発表形式

一般演題
  1. 発表形式は口演とポスターの2種類です。登録時に希望を選択していただきますが、プログラム委員会が調整して最終判断を行います。口頭発表時間は発表8分、質疑4分を予定していますが、応募演題数によっては変更する場合があります。大会ホームページあるいは大会直前にお送りする抄録集にて確認してください。
  2. 発表者は本年度の学会費を納入済みの日本寄生虫学会会員に限ります。非会員の方は演題申込み前に入会手続きを済ませてください。また、会費滞納の方が演者である場合は大会事務局から連絡しますので納入にご協力ください。
若手研究者ベストプレゼンテーション賞

例年通り、若手研究者ベストプレゼンテーション賞(BPA)を設けます。
本大会は、一般演題と同時に募集し、プログラム委員会に諮って口演者を選定します。
希望者は演題登録時にBPA希望を選択してください。

  1. 表彰:賞状並びに副賞を懇親会において授与します。
  2. 応募資格:日本寄生虫学会会員で、2018年4月1日現在で37歳未満の、BPA受賞歴のない方。
  3. 演題の選考結果および発表方法についての詳細は応募者に連絡します。

演題登録

演題募集期間:

2017年12月1日(金)~12月31日(日)24:00

登録方法:
  1. 事前に、投稿する抄録を下記「抄録作成要項」をご参照の上、MS-Wordで作成してください。
  2. 下記「演題抄録登録」ボタンよりご登録ください。
  3. 必要事項をご記入の上、最後に抄録をアップロードしてください。
  4. 登録完了時に、運営事務局より受領メール(演題登録番号)が自動配信されます。ご登録いただいたメールアドレスに受領通知が届かない場合は、運営事務局までご連絡ください。
抄録作成要項:
  1. 抄録は和文、英文どちらで作成しても構いません。但し、和文の場合には、演題名、氏名、所属(略記)の英訳を付記してください。
  2. 本文は全角700字以内で記入してください。
    英文は240wordsを目安に作成してください。図表は受付けません。
    *こちらのフォーマットをご利用ください。Abstract Form
  3. 下記の発表形式から希望する形式を選択して下さい。BPA発表希望の方はCを選択してください。
    発表形式
    1. 一般口演(口頭発表)
    2. 一般ポスター(ポスター発表)
    3. BPA(ベストプレゼンテーション賞)
  4. 下記の領域番号から希望する領域(AからD)を選択してください。
    領域番号
    1. 分類・進化・生活史・生態・疫学
    2. 感染機構・寄生適応(寄生虫の研究)
    3. 宿主応答・病態(宿主の研究)
    4. 疾病対策(検査・診断・治療・創薬・ワクチン・介入研究)
  5. 演題が正式に受理された会員には、2月中旬頃に運営事務局より発表日時、会場等をメールでお知らせします。また、大会ホームページに掲載します。

 

 

発表データについて

本大会では、発表データは会期当日に会場にて受付けます。

《発表用データファイル作成上の注意》

発表データは、Windows MS PowerPoint 2003〜2010で作成してください。データ作成は和文、英文どちらでも構いません。 Mac等で作成された場合は、Windows上で文字化け、レイアウトの乱れなどがないことを確認してください。動画ファイルは使用できますが、PowerPointから作動させるもののみとさせていただきます。Windows標準のMedia Playerにて再生可能なもの(推奨動画形式はWMV形式)としてください。
データファイルは大会終了後に事務局が責任を持って消去します。

利益相反(COI)マネージメントについて

演題のオンライン登録時に自己申告(ある または なしの入力)をしてください。
また、発表時にもCOIの有無を開示する必要があります。日本寄生虫学会のHP「利益相反マネージメントに関する申し合わせ」(http://jsp.tm.nagasaki-u.ac.jp/about/conflict-of-interest/)の口演用、ポスター発表用の開示例をご参考ください。

お問い合先

第87回日本寄生虫学会大会運営事務局(株)プライムインターナショナル内 蓮池
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-10-601
Tel:03-6277-0117 Fax:03-6277-0118
E-mail:87jsp_secretariat@pco-prime.com

発表者の皆様へ

発表時間

  1. 口演とポスターの2種類です。
  2. 一般演題の口頭発表時間は12分(発表8分、討論4分)です。

発表データ

  1. 発表は全てPCプレゼンテーション(1面映写)です。
  2. 会場には、WindowsおよびMacのPCを用意いたします。
  3. 発表データは、USBフラッシュメモリーに保存しご持参ください。
    発表データファイル名は、「演題番号_発表者名.ppt」としてください。
  4. 音声・動画を使用する場合は、ご自身のPCをお持込ください。その際、データ受付にて、その旨お伝えください。
  5. 発表データは、ご自身の発表の30分前までに、講演会場前方の「データ受付」までお持ちください。
    なお、データの事前受付をご望の方は、下記運営事務局までメールにて、お送りください。
    運営事務局:87jsp_secretariat@pco-prime.com

会場案内

国立国際医療研究センター

東京都新宿区戸山1-21-1
国立国際医療センター・アクセスページはこちら

地下鉄を利用の方

  • 都営大江戸線「若松河田駅」下車 徒歩5分
  • 東京メトロ東西線「早稲田駅」下車 徒歩15分

都営バスを利用の方

  • 新宿駅から(宿74系統) 医療センター経由女子医大行き「国立国際医療研究センター前」下車 徒歩0分
  • 大久保・新大久保から(橋63系統) 新橋行き「国立国際医療研究センター前」下車 徒歩0分
  • 市ヶ谷・新橋から(橋63系統) 小滝橋車庫行き「国立国際医療研究センター前」下車 徒歩0分
  • 都営飯田橋駅前(C1またはC3)から(飯62系統) 牛込柳町駅経由小滝橋車庫行き「国立国際医療研究センター前」下車 徒歩0分

宿泊案内