会長挨拶

第59回日本白内障学会総会(2020)

このたび、伝統ある第59回日本白内障学会総会を主催させていただくこととなりました。はじめに、この機会を与えていただきました本学会の会員の皆様方に厚く御礼申し上げます。

日本白内障学会は、昭和39年に発足した歴史ある学会です。白内障・水晶体に関係する医療と学問が発展することを目的としています。

さて、今回の総会のテーマは「老視の科学」です。平均寿命の延伸によって、医学分野では、加齢のメカニズムの解明や抗加齢医学が脚光を浴びています。眼科領域においてもいくつかの加齢疾患が問題になっていますが、水晶体の加齢変化の一つである老視についてはまだ不明な点も多く、根本的な治療はありません。2030年には世界の老視人口は21億人なってピークに達すると推定されており(Fricke TR, et. al. Ophthalmology. 2018)、老視研究は社会的にもますます重要性を増しています。このような背景の下、老視について基礎および臨床の両面から、研究の現状と展望を皆様とともに学び、討論したいと考え、本総会のテーマとさせていただきました。

プログラムは、特別講演は本学会の理事長である岩手医科大学の黒坂大次郎教授にお願いしました。また、招待講演には、生理光学がご専門で、臨床分野にも精通し、水晶体および老視矯正眼内レンズの第一人者でもいらっしゃるProf. Susana Marcosをスペインからお招きしました。両先生には参加者にとって非常に興味深い、第一線のお話を拝聴できるものと私自身楽しみにしております。そのほかにも、老視研究の最新の話題をテーマとしたシンポジウムを企画しています。

日本白内障学会は、眼科領域にとって重要な水晶体分野の基礎と臨床を一同に学ぶ絶好の機会であるとともに、バックグラウンドの違う研究者が同じ土俵で議論できる数少ない場所です。多くの皆様にご参加いただき、熱い討論をかわしていただければ幸甚の至りでございます。
それでは、オリンピックが間近にせまった、新緑もまぶしい5月の東京で、皆様にお会いできることを楽しみにお待ち申し上げます。

会長:根岸 一乃
(慶應義塾大学医学部眼科学教室 教授)

第46回水晶体研究会

この度、第46回水晶体研究会を第59回日本白内障学会総会と合同開催させて頂くことになりました。私は第33回水晶体研究会から参加させて頂き、勉強させて頂く機会を賜りました。これまでの多くの先生方のご尽力の上に築かれた本研究会の開催へ向けて、微力ではございますが努力させて頂きます。

今回の両学会のテーマは「老視の科学」です。我が国は超高齢化社会を迎え、加齢に伴う老視や白内障による視機能低下の問題は重要な課題であり、発症機序の解明を基盤とする老視予防・治療薬の開発が期待されています。そこで、老視予防・治療へ向けて先駆的な研究を進められている先生方に老視モデルや加齢に伴う水晶体構成蛋白質の機能変化、老視予防・治療薬の探索など臨床・基礎の両面から幅広い視点に立ってご講演を頂く水晶体研究会シンポジウムを企画いたしました。これまでに参加経験のない先生方も含め様々な考え方を有する方々が一同に集まり、高齢者のQOL低下に直結する老視の予防・治療へ向けた自由闊達なご討論を頂けたら幸いです。

臨床や基礎、企業における様々な医療・研究・企業活動に取り組んでおられます皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

会長 宮田 佳樹
(帝京大学 薬学部 薬物治療学研究室 准教授)


第59回日本白内障学会総会
第46回水晶体研究会
Copyright ©2019 All rights reserved.